銀座・古美術 祥雲からの展示会情報やお知らせです

祥雲のHP www.shouun.co.jp
ブログ:はやまそうそうhttp://hayama-sousou.jugem.jp/
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
JOMON AND KAKINUMA in London

Asian Art in London

3−12Novenber 2016 に参加致します。

縄文時代の美術(紀元前)と柿沼康二氏の書(コンテンポラリー)を展示いたします。

www.asianartinlondon.com

 

 

 

 

 

 

第20回 東美特別展

東美特別展に出展致します
祥雲はブース1(1階入口正面です)

10月14日(金)10:00~19:00
       15日(土)10:00~19:00
       16日(日)10:00~17:00

会場:東京美術倶楽部 東京都港区新橋6−19−15

 

響銅水瓶 唐時代

 

戸田浩二作陶展

戸田浩二作陶展
期間:2016年8月30日(火)~9月4日(日)
場所:古美術 祥雲

 

   秋元雄史著「工芸未来派 アート化する工芸」
  の出版と掲載に関連した展示で、森岡書店での二人展と同時開催です。
初日はトークイベントも企画されています。

 

 

 

アートフェア東京

東京国際フォーラムで開催される「アートフェア東京」に参加致します。

詳細→https://artfairtokyo.com/2016/visitor_info.html


ゴールデンウィーク 4/29~5/5は休業日とさせていただきますので、宜しくお願い致します。
東京アートアンティーク
東京アートアンティークの期間中、以下の展示会を開催いたします。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。
 
 
4月14日(木)〜16日(土) 11:00〜18:00
 
1階 シュキショッキズキ展
  器好き集合!和洋の酒器と食器、いろいろ集めました。
 (なくなり次第、常設展示になります)
 
2階 仏教美術と花
  仏画・古写経・仏器・古銅花器や須恵器等。
  静謐なひとときのための作品。
 
 
*今回はDMを作成しておらず、配信メールのみのご案内となりますが、ご了承ください。
 
 
祥雲News
http://shouun.jugem.jp/
 
Facebook
https://www.facebook.com/shouunginza?pnref=lhc
 
茶わん展
 
茶わん展
会期:2月11日(木・祝)〜13日(土) 3日間
 
11:00-18:00  古美術 祥雲
 
-------------------------------------------------------
高麗や古唐津などの茶わんの他、渋めの茶・香道具、花入も展示販売いたします。





 
柿沼康二書展 MOON
 Koji Kakinuma  "MOON" 開催
 2016年1月9日〜17日 (11:00-18:30:会期中無休)
 会場 祥雲1・2階

金沢21世紀美術館での個展からは約2
年ぶり、東京では約10年ぶりの個展となります。
“月 ”をモチーフとした新作を中心に、21世紀美術館個展で発表した「月」の一部も展示いたします




また、新年の幕開けに1月3〜5日まで新宿伊勢丹メンズ館3F、インターナショナルブランドが並ぶフロア入口で “一 (ONE)”をテーマとした新作と映像作品を発表いたします。kojikakinuma.com

 
戸田浩二作陶展 ◆ 見捨てがたきもの(古美術) 同時開催
           
 1月28日より、古美術 祥雲 1階、2階にて同時開催致します
   会期:11月28日(土)〜12月13日(日)
                11:00-18:30 期間内 月曜休み
   *11月24日から27日まで、展示会準備の為臨時休業いたします。

       ◆戸田浩二作陶展

    
  ◆見捨てがたきもの(古美術ー古代・仏教美術を中心に)
   




         
            
東美アートフェア

東美アートフェアに参加致します。
10月16日(金)〜18日(日)

柿沼康二氏(書)、戸田浩二氏(陶芸)の新作
古美術品(縄文、弥生、仏教美術、茶道具など)

茶房李白の想い出展 + 李朝民画と小品展 & 花展



茶房李白のの想い出展 + 李朝民画と小品展 
2015年4月14日(火)〜18日〈土)2階


1955年に開店以来、神保町で長く親しまれていた「茶房 李白」は2004年に経堂に移転しました。
その後もオーナーの宮原重之さんの美意識が貫かれた空間で、多くの方たちが李朝工芸を楽しみ、美味しいお茶をいただき、
寛ぎの時を過ごしました。
このたび李白閉店に伴い、常に野の花で彩られていた李朝壺や特注の木製テーブル、砂糖壺やカップなどの想い出の品々と、李白に因んで李朝民画・小品を展示販売致します。

(同時開催)花展 2015年4月14日(火)〜18日〈土) 1階
 花器・蒔絵・絵画・仏教美術などの古美術品を多数展示いたします。